歯周病の原因は?(その1)

Q.歯周病は必ずかかる病気なのでしょうか

A.歯周病は必ずかかるわけではありません。

歯周病の多くは、原因であるプラークや歯石を日頃の歯磨きや、定期的な歯科検診などを受けることにより除去することで予防することができます。

予防できない歯周病もありますが、遺伝性の病気など、非常に特殊な場合です。

 

Q.全身の病気と歯周病の関係について教えてください。

A.歯肉は体の中でも非常に敏感な組織です。

またお口の中は全身の中でも微生物、細菌などが最も多く存在している場所でもあります。

そしてあらゆる全身疾患と歯周病の関連性が近年の研究により指摘され始めています。

歯周病との関連を挙げられているものには呼吸器系疾患、心疾患、糖尿病や妊娠などがありますが、なかでも糖尿病との関連は深く糖尿病は歯周病を悪化させる大きな原因のひとつでもあるのです。

 

Q.他の病気が原因で歯周病になることがあるのでしょうか。

A.あります。

遺伝性の病気、血液の病気(白血病など)、皮膚の病気、降圧剤を含めた特定の薬によって歯肉を含めた歯の周囲組織に症状が出ることがあります。

またホルモンの分泌の増減、糖尿病、喫煙などによって歯周病が治癒しにくくなるといった事があります。

 

Q.(歯周病に)どうして煙草が悪いのですか?

A.喫煙が悪い理由はいくつかあります。

①喫煙する人は統計的に喫煙しない人よりも歯周病にかかりやすいというデータがあること。

②タバコに含まれる化学物質が歯肉からの出血を抑えたり、歯肉を硬くすることで症状が気づきにくくなること。

③喫煙者は末梢血への影響があるので、歯周病の治り方がわるくなること。

です。

つまり煙草は歯周病になりやすくするばかりでなく、気付き難くし、また治り難くする原因と言えるのです。

 

Q.お酒が好きですが、お酒は(歯周病に)悪いのですか?

A.お酒そのものが歯周病に悪い訳ではありませんが、多くの場合お酒を飲んだ後は歯を磨かずに寝てしまう、又は歯磨きを疎かにしてしまう事が多い事から、歯周病を進行させる原因の一つと言えるかもしれません。

 

2021年10月17日(日)
顎がカクカク音がする

顎関節症とは?

口を開こうとすると顎関節(耳の穴の前にあります)や顎を動かす筋肉が痛む、あるいは十分には大きく口を開けられない。または口の開け閉めで顎関節に音がする。という症状がでます。一生の間、二人に一人は経験すると言われているほど多くの方が経験します。症状が音だけであった場合、これは首を回したり、肩を動かして音が出るという状況と同じです。そのような音を気にして整形外科を受診する人はいないと思いますが、顎関節の場合、耳のすぐ隣にあるために「音が気になる」という人がいます。しかしこの音を消すためには手術が必要になることから、世界的には「音だけであるなら手術すべきではなく、治療する必要はない」とされています。ですから顎関節症の症状が始まったとしても、痛みや口の開けにくさが一時的だったとか、音だけで他の症状がなければ治療の必要はないかもしれません。ちなみに、音だけであれば最低でも人口の20%近くの人は顎関節の音を持つとされています。また顎関節や顎を動かす筋肉の痛み、あるいは顎関節症による口の開けにくさで、実際に治療が必要になる人は症状を自覚した人の中の5%程度と推定されています。

医療機関に来院される患者さんでは女性が多く、年齢は10歳代後半から増加しますが、20~30歳代で最大になり、その後は年齢が増えるとともに来院する患者さんは減少します。

 

 

原因となる寄与因子は?
1. 解剖要因: 顎関節や顎の筋肉の構造的弱さ
2. 咬合要因: 不良なかみ合わせ関係
3.精神的要因: 精神的緊張の持続、不安な気持ちの持続、
気分の落ち込み感覚の持続
4. 外傷要因: かみちがい、打撲、転倒、交通外傷
5. 行動要因:
1) 日常的な習癖
歯列接触癖(TCH)、頬杖、受話器の肩ばさみ、
携帯電話やスマホの 長時間操作、下顎を前方に突き出す癖、
爪かみ、筆記具かみ、うつぶせ読書
2) 食事
硬固物咀嚼、ガムかみ、片側でのかみ癖
3) 睡眠
はぎしり、睡眠不足、高い枕や固い枕の使用、
就寝時の姿勢(うつぶせ寝)、手 枕や腕枕
4) スポーツ
コンタクトスポーツ、球技スポーツ、ウインタースポーツ、
スキューバダイビング
5) 音楽
楽器演奏(特に吹奏楽器)、歌唱(声楽、カラオケ)、発声練習(演劇等)
6) 社会生活
緊張が持続する仕事、コンピューター作業、精密作業、
重量物運搬、人間関係での緊張

2021年10月12日(火)
災害時にも口腔ケア

災害時の備えとして、食料や水などの防災グッズの中に口腔ケア用品は用意してありますか?

避難生活でも、お口の中を清潔に保つ事が大切です。

慣れない避難生活では、そのストレスから免疫力が低下し、むし歯や歯周病の悪化や口内炎がおこりやすくなります。また、お口の中が不潔のままだと風邪などのウイルスが口や喉の粘膜に付着しやすくなり、体内にウイルスが入り込んで感染症を引き起こすリスクが高くなります。

特に高齢の方では、誤嚥性肺炎になりやすいため注意が必要です。

災害時に歯ブラシがない場合は、食後に30ml程度の水やお茶で、しっかりうがいをしましょう。また、ハンカチやタオル、あれば口腔ケア用のウエットティッシュなどを指に巻いて歯を拭い、汚れを取るのも効果があります。

水が少ない時の歯磨きは、水約30mlをコップに準備し、その水で歯ブラシを濡らしてから磨きます。歯ブラシに汚れが付いてきますので、こまめにティッシュペーパーなどでふき取りながら磨きます。最後にコップの水で2〜3回すすぎましょう。一回ではなく分けることでより綺麗になります。

うがい薬や液体ハミガキ、洗口液があれば使用すると効果的です。

唾液を出すことも大切です。唾液には口の中の汚れを洗い流す働きがあるので、よく噛んで食事をしたり唾液腺マッサージをしたりしてたくさん唾液を出すように心がけましょう。

 

2021年10月4日(月)