矯正治療って…👀?

皆さん、こんにちは!!

長野県安曇野市穂高にある医療法人社団 朋有会 山本歯科クリニック、

歯科衛生士の青栁です😀🎶

 

突然ですが((笑

矯正治療の目的ってなんだと思いますか?

「歯並びを良くするため!」⇒もちろん正解です👍✨✨

その他の理由は、思い浮かぶでしょうか??…なかなか難しいですよね😅

歯科矯正治療は、歯並びを綺麗にする咬み合わせを良くする見た目を美しくする歯磨きをしやすくするインプラント・ブリッジ(補綴物)などのスペースを確保する埋伏歯をけん引するといった部分も行っています。

健康な口腔内、顔や身体のバランスなど様々な点を考慮して、子供から大人まで、あらゆる要望に矯正治療は対応しています。

 

今回は、矯正治療の目的の中で歯磨きをしやすくするために行った症例を1つ紹介したいと思います🍀

治療前2015/9/5

 

この患者さんは、「親知らずが時々痛み、下の前歯は親知らずが生えてきてから、ガタガタしてきた感じがする。」という主訴で来院されました。

親知らずは左上、左下、右下の3ヵ所に生えていて、右上の親知らずは埋伏しています。

写真を見てみると親知らずまで、しっかりと歯ブラシがとどいておらず歯垢が付着していることが確認できます。

特に左下の親知らずは歯の半分が歯ぐきに覆われていて、とても歯ブラシがしづらそうでした。

その他にも上と下の前歯と真ん中あたりの小さい奥歯もデコボコしていて、歯ブラシが難しそうです。

そこで、親知らず4本を抜歯して矯正治療を行いました。

治療前の前歯の歯と歯の間の歯ぐきは大きく腫れ上がり、小さい奥歯の周りの歯ぐきは帯状に赤くなっていました。

治療後2018/3/14

 

治療後はセルフケアのブラッシングも上手になり、前歯の歯ぐきの腫れも小さい奥歯の歯ぐきの赤みも引きました。

歯並びも綺麗になり、歯周病の状態も改善されると、患者さんは歯の色も気になり出し、

現在ではホワイトニング治療とメインテナンスにいらしていただいています😍💕

ホワイトニング治療

今回のケースのように、咬み合わせや歯並びが原因で歯周病を発症したり、むし歯が多発したりして、症状が悪化すると歯を失うこともありますので、お口や全身の健康のために矯正治療を考えてみるのも1つの方法かもしれませんね🌸😊🌸

2019年10月16日(水)
お口の健康から医療費削減へ

こんにちは!

医療法人社団朋有会山本歯科クリニックの歯科衛生士佐々木です🍀

もう10月ですね〜定期検診の予約をするときに次の予約が12月だと皆さん「はぁもう年末だね〜早いよね!」という会話が交わされる時期となりました😅

歳をとると何でこんなに時間が早く過ぎるように感じるんでしょうね。毎年同じように過ぎているように感じますが、スマホの写真のホルダーを見返すと去年はこの時期にはもうこの花咲いていたのに今年はまだ咲いてないなぁとか、去年はこの時期にはもうぶどう狩りしてたのに今年はまだだなぁとか気候のせいでしょうかね〜気づいていないだけで、毎年何かしら変化があるもんなんですね🧐

今年の10月は特に変化のある月になりそうです!

そう、「増税」!!

あとは、なんでこんなに祝日があるんだ?と思ったら「即位の礼」があるんですね😅

けっこう大きなイベントがありますよね。

歯科医院でも増税というのは無関係ではなく、自費診療や口腔ケア商品などは増税の対象になってきます。

100円だったら110円になるのでまぁこの位はそんなに気にならないですけど、例えば100万円だったら110万円というのは「えーーーー!」ってなりますよね・・。税金に10万円かぁ😖

でもまぁ仕方ないですよねこればっかりはみんなが快適に暮らしていくためには。

ノルウェーやスウェーデンなんかはもっと税率高くて25%ですもんね!

その分教育や医療の福祉制度は充実していますから、高い税金を払ってもいずれは自分のもとに帰ってくると思えば不満もないかもしれませんね。

スウェーデンというのは歯科医療の中でもトップレベルの歯科予防先進国なんですよ!

予防歯科での歯医者の受診率というのはスウェーデンでは90%ぐらいで日本では10%未満ぐらいですし、1年間に使用する歯ブラシの平均本数でもスウェーデンの方は12本で日本は3.5本とかなり予防歯科に対する意識の差があるようです。

予防ができれば将来残ってくる歯の本数も変わります。歯が残っているということはよく咀嚼して栄養を体に取り込めるということです。イコール健康寿命が長いということですよね!

咀嚼できないと栄養が十分にとれません、そうすると体は弱り病気になりやすくなったり寝たきりになってしまいます。

この写真のような口腔内では十分に咀嚼ができません

 

 

 

 

 

 

治療後はしっかり咀嚼できるようになりました。

 

 

 

 

 

 

しかし、このような治療はやはり時間も費用がかかってしまいます。

お口のケアがしっかりできる、そして定期検診をしっかり受けるということが将来元気で老後を過ごすということにつながり、そして医療費の削減につながるということですよね〜医療費が下がれば、スウェーデンみたいに教育費が大学まで無料!何てことも日本でも将来あるかもしれませんよね🤗

うちの医院でもスウェーデンで開発された歯ブラシを取り扱っていますよ!

TEPEという歯ブラシで歯科予防先進国のスウェーデンの人たちがよく使っているメーカーです。

もちろん用途によって他の物の方が合っている方もいるので一概には言えませんが、大学で人間工学も取り入れながら研究された歯ブラシなので、興味のある方は一度使いごこちを試してみるのもありかなと思いますよ〜

北欧ということもあり歯ブラシの柄の色もなんとなく日本とは違って、可愛いなと思います。

 

 

 

2019年9月30日(月)
健診は大事!

こんにちは、長野県安曇野市穂高の医療法人社団朋有会 山本歯科クリニックの歯科衛生士 渡邉です😁

この前は、私の車を車検に出してきました🚘色々なオイルやフィルターを交換してもらったりして、なんだか車検後の車に乗ってみると車も喜んでいるように感じました笑

車は毎日乗るものなので故障して困ってしまう前に、定期的な点検が必要ですよね🔧

点検といえば、歯科医院で定期健診をうけることも大切です!

下の写真は歯医者にかかるのが久しぶりのため、健診と歯石を取ってほしいということで来院された患者さんのお口の中です。

下の前歯には歯石がたくさんついており、歯茎も赤く腫れています。左下の奥歯は歯茎が赤くなっています。右下の奥歯は赤くはなっていませんが、歯茎が腫れている状態です。

 

このように、歯茎が炎症を起こしている状態だと歯周病が進行していってしまいます。歯周病の進行を抑えるためには、歯科医院で歯周病の早期発見、早期治療が必要です!この方は来院されて間もないので、歯周病の治療はまだおこなっていません。

歯周病の治療を行うとどのような変化があるのか、他の患者さんの例です。この方も歯石がついていて歯茎も赤く腫れて丸くぶよぶよした感じになっています。

そこで歯周病の治療をおこなうと、歯と歯の間の歯茎が三角形になりぶよぶよした感じもなくなってきています。

歯周病は気づかないうちに進行してしまう病気です。放っておくと歯を失ってしまう原因になります。なので、歯周病になる前にケアをして予防していくことが大切です💡

車の点検と同じように、歯も定期健診を受けて自分の健康な歯を守っていきましょう✨

 

 

 

2019年9月17日(火)