日本歯周病学会認定衛生士

皆さん、こんにちは!

長野県安曇野市穂高にある医療法人社団 朋有会 山本歯科クリニック、

歯科衛生士の青栁です😌🍓

 

日本の歯科業界には沢山の資格制度が存在し、

その代表格が歯科医師免許・歯科衛生士免許・歯科技工士免許です。

これらの資格は『国家資格』と言って、

国で認められている認定制度です。

それに加えて「協会認定資格」、「学会認定資格」等、

自分自身のスキルアップの為の資格が沢山制定されています。

今回は沢山ある資格のうち、

特に日本歯周病学会認定歯科衛生士の資格について、

お話ししたいと思います❗

 

始めに日本歯周病学会認定衛生士とは、どんな資格か説明しましょう🧐

特定非営利活動法人 日本歯周病学会が設けている「学会認定資格」で、

歯周病への対応を的確かつ効率的に実施し、

長期間にわたり国民の健康管理に貢献することを目的に制定された、

歯科衛生士の認定制度です。

 

診療室での歯科衛生士の仕事としては、

まず歯周病やむし歯になりにくくする「予防処置」を行っています。

人が歯を失う原因の90%が「歯周病」と「むし歯」です。

この2つ病気が歯科では二大疾患であり、国民の多くが罹患しています。

つまり、歯周病とむし歯を予防することが出来れば、

自分の歯を長く保つことが出来るのです。

むし歯を予防する処置として、フッ化物塗布等の薬物塗布、

歯周病を予防するために歯垢(プラーク)や歯石等、

口腔内の汚れを専門的に除去する歯面清掃等、

予防的な医療技術があります。

歯科衛生士は、このような歯科予防処置の専門家なのです。

予防処置として皆さんにしっかりとした歯ブラシを指導し、

お口の中のお掃除をします。

歯垢(プラーク)や歯石を取り除くものに

ハンドスケーラーや超音波スケーラー等があり、

これらを用いてお掃除を行います。

どうしても歯周ポケット等が深く取りきれない歯石等は

歯科医師にバトンタッチをして歯周外科処置と言う歯ぐきの手術を行います。

 

そのような中で歯科診療は、

歯科医師、歯科衛生士を中心としたチーム医療として行われています。

歯科衛生士は歯科医師の診療をサポートすると共に、

歯科医師の指示を受けて歯科治療の一部を担当する等、

歯科医師と共同で患者さんの診療にあたります。

歯科診療補助の範囲は多岐にわたり、

歯科診療を円滑に行う為に大切な役割を果たしています。

また、歯科医師と患者さんとの橋渡し的なコミュニケ-ションに配慮し、

信頼関係に基づく心優しい歯科医療を行う為にも、

歯科衛生士の役割が重要です。

歯周病やむし歯は生活習慣病です。

その為、治療よりも予防、

更に本人自らが生活習慣を改善することが大切であり、

正しい生活習慣やセルフケアを実行する為に専門的な指導が必要なので

是非、歯ブラシ指導だけでも歯医者に行ってみてください🏃

 

今回、「日本歯周病学会認定衛生士」についてお話しさせていただきましたが、

歯科衛生士は歯・口腔の健康を守り

「自分の歯で生涯おいしく食べる」お手伝いをしています。

皆さんの歯・口腔の健康づくりをサポートする国家資格の専門職で

高い知識・技術を必要とします。

歯科衛生士の皆さんも日々の診療のスキルアップとして、

自信にも繋がる資格なのではないでしょうか?😁

皆さんも私たちと一緒に様々な資格を取得していきましょう💯

2021年1月19日(火)
新年あけましておめでとうございます!!

こんにちは!

長野県安曇野市穂高の医療法人社団 朋有会 山本歯科クリニック 歯科衛生士の佐々木です🍀

本年もよろしくお願い致します!!

昨年は思いもよらない事が起きて、いろんな予定がキャンセルされ、思うようにいかない一年でしたね。

今年もコロナとは共に生活していかないといけないのは仕方ないので、皆さんもできる事からしっかり予防していきましょう!!

歯医者さんといえば感染リスクが高いと言われています。

ですが、そう言われればこそ、どこの歯科医院さんも感染対策をしっかりされている事と思いますし、当医院も皆さんに安心してもらえるよう日々対策に気を配っております。

感染が怖いからといって歯科医院にいかないという選択をされる方もいるとは思いますが、お口の中の環境が悪化すると全身の健康にも関わってきますので、かえって感染リスクを高めてしまいます。

お口の中にいる歯周病は様々な所で悪影響を与えます。

糖尿病、心臓病、早産、血管、認知症・・などなど挙げればたくさんあります。

最近よく言われているのは、認知症についてです。

アルツハイマー病は原因は未だに不明ですし、発症や進行を制御できる方法は確立されていないだけに怖い病気というイメージがありますよね。

ですが、近年歯周病菌の中の一つが関わっているのではないかという研究結果が発表されています。

という事は、歯周病をコントロールする事ができれば、認知症も予防できる可能性があるという事です。

また、歯周病で歯を失い、咬む事が減ってしまうと脳への刺激もなくなるのも要因の一つかと思います。

お口の中の健康を保つ事イコール全身の健康を保つ事につながっているという事を2021年はより意識して通っていただけると歯医者さんに通うモチベーションもぐ〜ん⤴と上がるのではないでしょうか!!

 

2021年1月5日(火)
今年もありがとうございました🐭

こんにちは!

長野県安曇野市穂高の医療法人社団朋有会 山本歯科クリニックの歯科衛生士 渡邉です🎄

今年も残すところ、あと10日ほどとなりましたが皆さんいかがお過ごしですか?

最近は雪も積もって冬らしい景色になってきましたね⛄

この季節になると乾燥が気になりませんか?寒くてエアコンに当たっていると、なんだかお肌の水分が飛んで行ってしまうような。。。😵

お肌の乾燥も気になりますが、お口の乾燥も注意です!👄

・口の乾きが3ヶ月以上続いている ・乾いた食品が食べにくい ・口の中がネバネバする ・口臭がある ・舌がヒリヒリする

これらの症状があるかたはドライマウス(口腔乾燥症)かもしれません☝

ドライマウスとは、唾液の分泌が減少、または分泌されなくなることで口の中が乾燥した状態のことをいいます。さまざまな原因によって唾液の分泌が減ると、口の中の湿潤度が減少し、乾燥するようになります。

唾液が不足することにより唾液の抗菌作用や自浄作用が低下し、むし歯や歯周病になりやすくなるほかに、口臭や粘膜の感染症、味覚障害、嚥下障害などを引き起こすこともあります。

 

原因はさまざまありますが、代表的なものとしては

⑴薬や病気によるもの…薬の副作用や糖尿病や腎臓病の症状の一つとしてドライマウスになることがあります

⑵身体的な変化によるもの…加齢や筋力の低下、ストレス

⑶生活習慣…口呼吸、飲酒や喫煙

特に最近増えているのが、「口呼吸」によるドライマウス🐭です

マスクを着用する機会が増えたことによって、無意識に口呼吸になっている方が多いそうです😷

 

ドライマウスの予防法の一つである唾液腺マッサージをご紹介します

①耳下腺マッサージ 指数本を耳の前に当て、指全体で10回ほどくるくると優しくマッサージ

②顎下腺マッサージ 耳の下から顎の下まで、3〜4か所を順に押していく。各ポイントをゆっくり5回くらいずつ

③舌下腺マッサージ 両手の親指をそろえ当て、10回ほど上方向にゆっくりおしあげる。のどを押さないように気をつけましょう

唾液腺をマッサージすることによって、唾液の分泌が促されます

口腔内が乾燥していると、むせたり噛みにくいので、お食事の前に行うのもオススメです😄

 

新型コロナウイルスの影響もあり大変な年でしたが、今年一年ありがとうございました

来年もどうぞよろしくお願いします、皆様よいお年をお迎えください🙇‍♀️

 

2020年12月21日(月)