七五三に前歯は大事!

こんにちは!

医療法人朋有会 山本歯科クリニックの歯科衛生士佐々木です🍀

11月に入り、いい歯の日も終わりましたね。

他に何かイベントあったけ?と思っていたら、七五三とういうイベントがありますよね〜。

今は当日には写真は撮らずに前撮りするから、慌ただしくならなくていいですよね。

今も千歳飴ってもらえるんですかね、あれもらえるのがすごく楽しみだった思い出があります。

みんな着物着たりドレス着たりして、かわいいですよね💕

七五三の年齢の時って結構いいタイミングで、前歯の生えかわりがありますよね。せっかくの晴れの日に前歯がない!!何てこともよくある話なんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

さすがに、今までに七五三だから仮歯をつけてくれという患者さんはいないですけどね😆

でも写真屋さんに相談すれば「抜け歯修正」というものがあるらしいですよ!

すごいですよね、歯があるように写真を修正してくれるわけですから、他にもいろんなとこ修正出来ちゃいますよね。

抜けているままでも成長の記録でそれはそれでいい思い出にはなると思うんですけどね。

歯の生えかわりはきちんと咀嚼ができていないと、刺激が少なく顎や歯の成長が促されずうまくいかない事もあるんですよ〜

今は小顔が流行っていて小さい顎がいいという感じですが、その分歯が並びきらず、歯並びがガタガタになってしまうという事になりかねません。

 

 

 

 

 

 

小さい頃から、よく咬む食事を心がけてあげるのは成長発育にとても重要なことなんですよ!!

食事の時に座っている椅子ですが、足がぶらぶらしてしまうような椅子だと力が入らず、咬合力が弱まります。踏み台を使ったり、椅子の高さを調整したりして床にしっかり足をつけてご飯を食べる習慣をつけましょう!

食材にもきちんと咬まなければ飲み込めない食材を使いましょう!

根菜類やキノコ、干物、乾物などを普段の食事に加えていくといいと思いますよ〜

2019年11月11日(月)
トリックorトリート!

こんにちは、長野県安曇野市穂高の医療法人社団朋有会 山本歯科クリニックの歯科衛生士 渡邉です😄

もう10月も終わりに近づき、いよいよ寒くなってきましたね〜

10月の最後といえば、ハロウィン!お菓子売り場にいくとハロウィンパッケージのお菓子がたくさんあって、思わず手が伸びてしまいますよね🎃

 

うっかりお菓子を食べて、歯磨きを忘れてしまうことはありませんか?そんな時に心配になるのが虫歯です😱

虫歯菌は砂糖を栄養にして、酸を出します。その酸が歯を溶かすことで、虫歯になっていってしまいます😈

この黄色の丸で囲んであるところは、黒く虫歯になっています😭

歯が黒くなっていると、虫歯かな?と思う方が多いと思いますが、虫歯ではなくても歯が黒くなっているように見えることがあります

赤色の丸で囲んでいるところは、黒くなっていますが虫歯ではありません!虫歯を治療した時に詰めた、白いプラスチックの詰め物に色が着いて変色してしまっているのです

自分では虫歯なのか、色が着いているだけなのか判断するのは難しいので、歯科医院で診てもらいましょう☝

 

最近は、「キシリトール」という甘味料が使われているお菓子がありますよね!ガムだけではなく、キシリトール100%のグミやチョコもあるそうですよ🍫

キシリトールは、虫歯菌が食べても酸を出さないので、虫歯予防には効果的です

しかし、キシリトールが入っているから虫歯にならないという訳ではありません。キシリトールと一緒に少しでも砂糖が入っていると虫歯になるリスクがあり、たくさん食べすぎるとお腹がゆるくなりやすいので注意が必要です!

 

ハロウィンで楽しくお菓子を食べた後は、歯磨きを忘れずに!🧙‍♀️

2019年10月29日(火)
矯正治療って…👀?

皆さん、こんにちは!!

長野県安曇野市穂高にある医療法人社団 朋有会 山本歯科クリニック、

歯科衛生士の青栁です😀🎶

 

突然ですが((笑

矯正治療の目的ってなんだと思いますか?

「歯並びを良くするため!」⇒もちろん正解です👍✨✨

その他の理由は、思い浮かぶでしょうか??…なかなか難しいですよね😅

歯科矯正治療は、歯並びを綺麗にする咬み合わせを良くする見た目を美しくする歯磨きをしやすくするインプラント・ブリッジ(補綴物)などのスペースを確保する埋伏歯をけん引するといった部分も行っています。

健康な口腔内、顔や身体のバランスなど様々な点を考慮して、子供から大人まで、あらゆる要望に矯正治療は対応しています。

 

今回は、矯正治療の目的の中で歯磨きをしやすくするために行った症例を1つ紹介したいと思います🍀

この患者さんは、「親知らずが時々痛み、下の前歯は親知らずが生えてきてから、ガタガタしてきた感じがする。」という主訴で来院されました。

親知らずは左上、左下、右下の3ヵ所に生えていて、右上の親知らずは埋伏しています。

写真を見てみると親知らずまで、しっかりと歯ブラシがとどいておらず歯垢が付着していることが確認できます。

特に左下の親知らずは歯の半分が歯ぐきに覆われていて、とても歯ブラシがしづらそうでした。

その他にも上と下の前歯と真ん中あたりの小さい奥歯もデコボコしていて、歯ブラシが難しそうです。

そこで、親知らず4本を抜歯して矯正治療を行いました。

治療前の前歯の歯と歯の間の歯ぐきは大きく腫れ上がり、小さい奥歯の周りの歯ぐきは帯状に赤くなっていました。

治療後はセルフケアのブラッシングも上手になり、前歯の歯ぐきの腫れも小さい奥歯の歯ぐきの赤みも引きました。

歯並びも綺麗になり、歯周病の状態も改善されると、患者さんは歯の色も気になり出し、現在ではホワイトニング治療とメインテナンスにいらしていただいています😍💕

今回のケースのように、咬み合わせや歯並びが原因で歯周病を発症したり、むし歯が多発したりして、症状が悪化すると歯を失うこともありますので、お口や全身の健康のために矯正治療を考えてみるのも1つの方法かもしれませんね🌸😊🌸

2019年10月16日(水)