お口の中も明るく!

こんにちは!

山本歯科クリニック歯科衛生士の佐々木です🍀

2月も終わりに近づき、日差しもだんだん春めいてきましたね🌞

最近の私の近況は(別に気にならないと思いますけど・・)首が痛いです😣

寝違えたと思っていたんですが、もうかれこれ2ヶ月位治らないんですよね〜

腰はヘルニアの手術をしているので、首もそうなるんじゃないかと不安な毎日を送っています😱

メインテナンスに来る患者さんで腰と首の両方ヘルニアの手術をした方がいるので、来院された時に相談しちゃいました。メインテナンスにきているのに逆に健康相談です。

こんな感じで、メインテナンスの患者さんと色んな話をして時には相談にのってもらったりもしています😊

こういう歯科には関係ない話でも色々話していると患者さんの生活習慣や性格などもわかってくるので、歯ブラシ指導をする時などとても参考になります。

 

 

今回紹介する症例の方はお仕事をリタイアされて、治療に専念するお時間はありそうでしたので、矯正、インプラント、歯周病、むし歯治療と全体的に治療をしました。

最初の状態はこちら

プラークコントロールが悪く、歯茎も腫れて出血もある状態でした。

プラークコントロールができていないと、予定している矯正治療やインプラント治療も厳しい状態でしたので、歯ブラシ指導と歯周病の治療を優先して行いました。

患者さんもだんだん上手になり、積極的にうがい薬なども併用していただき来院されるたびに、歯茎の色も健康になってきたのでお口の中がとても明るく見えるようになりました。

この患者さんは歯周病により歯茎が下がってしまっていて歯が露出している面積が大きかったので、小さめの歯ブラシでたくさん動かすよりは大きめの歯ブラシで一度の大きい面積を磨けた方がいいかなと思い、この方には大きめの歯ブラシをお勧めしました。

これが最近のお口の中の状態です。

矯正もインプラント治療も終えて今はメインテナンスに来てらっしゃいます。

最初の写真と比べると、お口の中の明るさが違いますよね。歯周病によって滞っていた血流も健康な歯茎になって血流が良くなっています👏

長年お仕事が忙しく放っておいてしまったお口の中でしたが、リタイアした後の時間を使って、ここまでようやく蘇えることができました😍

2018年2月26日(月)
健康のお手伝い

こんにちは。長野県安曇野市穂高の山本歯科クリニック、衛生士の吉田です😀

前回のブログにも載っていましたがこの度、法人化することになり、ホームページ、ブログ記事についても今までと変わっています。ブログは絵文字が豊富になりました🤗

さて、明日はバレンタインですね〜💞 この連休中も、チョコレート売り場はたくさんの人で賑わっていました。皆様にも幸せが届くといいですね💝

2月もおよそ半分過ぎましたが、今年の私の目標は、「呼吸について理解する」です。口は命の入り口でもあり、病気の入り口でもあると伝えている先生がいます。命の源である食事は、口から入ります。そして、風邪の菌や、インフルエンザのウィルスなども口から入っていくのです。鼻で呼吸していれば、鼻毛や粘膜により細菌やウィルスの侵入を防いでくれます。鼻を通る時に、吸い込んだ外気が温められ湿り気も加えられるため、のどや肺など呼吸器への刺激が少なくなります。他にも鼻呼吸のメリットは多くありますが、問題は口で呼吸している人が多いという事です。舌が下あごにある人は、口呼吸をしている事が多いそうです。当院にいらっしゃる方のほとんどは、舌が低い位置にあります。という事は、呼吸も口でしている可能性が高いわけです。呼吸について理解し、それを患者さんに伝え健康的な生活のサポートが多少なりともできるように精進していきたいと思います。

法人化のお祝いとして、素敵なお花が届きました😊

 

2018年2月13日(火)