恐竜の歯あります

こんにちは。長野県安曇野市穂高の山本歯科クリニック、衛生士の吉田ですhappy01  アイスクリーム🍦など、冷たいモノが食べたくなる日が続いていますね。先日入ったお店ではかき氷もメニューに載っていて、小さいサイズがあったら頼みたいくらいでしたsun今度は、かき氷目当てに行こうっとhappy02

エアコンの効いた院内には、少し前から小さな化石が置かれています。アンモナイトと三葉虫。
PICT0070.JPG
PICT0069.JPG
教科書で出てきたメジャーなこの2つと、スピノサウルスの歯の化石。約1億1000年前って書いてあります。恐竜です。
PICT0071.JPG
大きさは小指の第2関節までくらい。
スピノサウルスは約1億1200万から約9700万年前の現アフリカ大陸北部に生息していた肉食恐竜だそうです。陸上よりも水中での生活に適応していたのではという研究結果もあるそうです。頭部だけでも約2m。背中の帆のような突起は最大で高さ1、6m〜1、8m。全長は15〜17m。家がつぶされちゃいますねwobbly歯の本数は、スピノサウルスでは見当たらなくて、ティラノサウルスで58本だそうです。ヒトの歯は親知らずを入れなくて、28本。恐竜の歯って隙間が大きいですよね。大きな頭の割には本数が少ない!!ちなみに現在爬虫類の中で最も大きな動物であるワニの祖先は、2億800年万年〜2億4500万年前に出現しているそうです。ワニの歯は約80本くらいだそうです。ワニの種類にもよりますが、大きいもので全長は5m〜7m。頭部がどこまでか分からないけれど、約5分の1くらいとしてもスピナサウルスほどではなくて、歯だけはワニのほうが多いのかも。そんなワニの歯は何度も生え変わるそうです。知ってましたsign02
ヒトと同じように、生えている歯の下に次の歯が準備されていて、抜けたら次の歯がでてくるんですってsign03もしかして、スピノサウルスや他の恐竜たちも何回も歯が生え変わっていたのでしょうか?

1回しか生え変わらない私たちは、今ある歯をメンテナンスしながら大切に使わなきゃですねhappy01
スピノサウルスの歯に興味のある方は、歯石とりの傍らにでも是非見に来て下さいsign03

2017年5月20日(土)
☆新入りのスタッフ紹介☆

こんにちは(^^)♪
長野県安曇野市穂高にある山本歯科クリニック、歯科衛生士の青栁ですclover

今年の4月からshine新しくshineパートの歯科衛生士さんが当院のスタッフとして来てくれましたよsign03
お名前は中村さんheart04山本歯科クリニックで働き始めてまだ1ヶ月も経っていませんが、物覚えが早く積極的にチャキチャキ行動してくれていて助かっていますconfidentnote元気もあって医院の士気が上がります★
皆さん見かけたら声をかけてあげて下さい笑パートさんなので幸運が訪れるかも、、、!?smilescissors

4月27日木曜日に新入りスタッフの歓迎会をしてきましたrestaurant
場所は松本市中央のある『薬膳火鍋 yangyang(ヤンヤン)』というお店ですflair