笑顔がもっと明るく

こんにちはhappy01山本歯科クリニックの望月です。

毎日寒い日が続きますねsnow今週いっぱいは記録的な寒波の影響で、ものすごく寒くなるそうです。

大雪注意報も出ていますよね。私の家では、昨日水道管が凍ってしまいました。

みなさん、暖かくして、この寒さを乗り切りましょうup

 

さて、2週にわたって白いつめもの、かぶせ物のお話をしてきましたshine

最近は白い歯で、気持ちよく過ごしたいという患者さんが本当に増えてきているように思いますsign03

「前歯は自分の歯だけれど、全体的に黄ばんでいるのよね~」とか「この1本だけ色が気になる」

というお悩みを持っている方は意外と多いのではないでしょうかsadでも、自分の歯の色をいつも見ていると、目が慣れてしまい、お口の中の写真を見て、そういえば気になっていたなあ~と感じる方もいらしゃるように思います。

 

そんなときおすすめなのが、ホワイトニングです。

ホワイトニングとは、歯を削ることなく、お薬を歯に浸透させて行なう治療法です。

ホワイトニング剤に含まれる過酸化尿素や過酸化水素という成分が酸素を発生し、歯のエナメル質の色素と結び付き、色素を無色透明に分解したり、エナメル質の構造を変化させ、象牙質の色が透けないようにしてくれるのです。(2回前のブログ参照)

 

歯のホワイトニングには大きく分けて2種類あります。

歯科医院で行なうオフィスホワイトニングとご自宅で行なうホームホワイトニングです。

1~2本部分的に気になるという方には、オフィスホワイトニング、全体的に白くしたいという方にはホームホワイトニングがおすすめですgood

 

 

写真は上の1本の歯(写真右から3番目)の色が気になる患者さんです。

オフィスホワイトニングを行ない、歯の色が揃ってきれいになりましたよねflair

歯が見えた時の印象も変わり、お顔が明るくなりましたよ。

 

ホワイトニング.jpg

ホワイトニング2.jpgのサムネール画像 

2012年1月30日(月)
いつまでもキレイな歯で

こんにちは。長野県安曇野市穂高の山本歯科クリニック、歯科衛生士のY田ですhappy01

ここのところ、毎日のように雪snowが降り、寒い日が続いていますね。インフルエンザで学級閉鎖なんてニュースもちらほらと聞きます。疲れをためないように、休める時にはゆっくり休んで、つらい風邪やインフルエンザにかからないように気をつけましょうsign03

さて、当院からホットなニュースがひとつfuji、今日から新人sign01衛生士が一人入りました。慣れたあたりからこのブログにも登場すると思うので、楽しみにしていて下さいnote

そして、雪といえばスキーsnowboard(これはボードですが)。今年はまだ1度も行ってないのですが、2月に滑りに行く予定なのでとても楽しみですhappy02 ただ、少し滑ると疲れてしまうんですよね~bearing 体力不足をどうにかしなくてはsign02 

長い間残っている雪は、だんだん汚い色になってきますが、降り積もったばかりの雪は白くてとてもキレイですよね。お口のなかでも、長い間使っていると変色してしまい、隣の歯から明らかに浮いた色になってしまうかぶせ物があります。前歯にあると、とても目立ちます。あまり人の歯なんて見た事ないという方でも、1、2回くらいは気になった事があるんじゃないでしょうか?もし自分の歯の色で悩んでいる方がいたら、オススメなのがオールセラミッククラウンという素材の歯です。

オールセラミッククラウンは金属を一切使用しないのが最大の特徴です。天然の歯は、光を透過させる性質をもっていますが、オールセラミッククラウンも同じように光を透過させることができるので、隣の歯と同じような自然な感じにしあがります。さらに嬉しいのは長い間使用しても変色しないところです。

当院の患者さんにもとても喜んでいただいていますsign03

ただ、歯の状態によっては削ってかぶせ物にせず、ホワイトニングですむ場合もあるので、気になっている方はぜひご相談下さいclover

 

今井 前.jpg今井 後.jpg

2012年1月23日(月)
お口の中から明るく!

こんにちは!衛生士の佐々木ですclover

お正月も終わり、あっという間にもう一月の半ばですねcoldsweats02時の流れは早いですね・・・しっかりついていかなければ!と日々思っておりまーーすhappy01

さて、最近当医院ではホワイトニングや白いつめものを希望される患者さんがふえてきましたhappy02

そこで、歯の色についてのお話をちょっとしてみよーかなぁと思います。

 

歯の色は、歯の大部分を占める象牙質と、その表面を覆うエナメル質によって決まります。

象牙質は黄色っぽく、エナメル質は半透明をしていて、健康な歯の色は、やや黄色味のある色をしています。

日本人は、欧米人に比べてエナメル質が薄いため、象牙質の黄色味が出やすい傾向にありますthink歯の色は、相対的なもので、肌の色や唇の色も歯の色に大きく関係してきます。
黒人は歯が白く見え、 肌の色の濃い人の歯は、相対的に白く見え、色白の人は 黄色く見えるという現象が起こります。

また、口紅の色などによっても、色が違って見えます。

後は、アメリカは公的な健康保険が一般的ではなく、歯医者さんに治療に行くといとものすごい金額がかかるので日頃からセルフケアがしっかりしていて、着色が少ないというのもありますね

歯を大事にしなきゃ!!という気持ちは日本人よりよりつよいのかもしれませんね

今回紹介する写真は銀歯から白い詰め物(ハイブリッドセラミックインレー)にした患者さんのお口の中の写真です。このつめものも他の歯と違和感がないようにきちんと歯の色をみて作っています。

銀歯の時と比べるとお口の中の明るさが全然違いますよねhappy01笑った時に見えるお口の中のイメージを想像すると断然白い方がです素敵ですよねlovely

 

いし1.jpg

いし.jpg

2012年1月16日(月)