スプラインHAインプラント導入

長野県安曇野市の山本歯科クリニックです。インプラント治療の専門クリニックです。国際口腔インプラント学会認定医が高度先進インプラントを提供しています。
患者さんの歯を出来る限り『抜かずに治す』は山本歯科クリニックの永遠テーマではあるがなかなかそうもいかない症例も多々あるのが現実である。特に『歯根破折』という歯の根が完全に折れてしまい、完全に残す事ができない場合がそれにあたる。
この場合は患者さんとも相談上、有利な方法なのが『抜歯即時埋入』という『インプラント治療』である。その際、従来の『アストラテックインプラント』より有利なのが『スプライン HA インプラント 』である。東京都新宿区開業の林揚春先生が有名にしたインプラントシステムであるが、予てより林先生の講演やセミナーを受講していたので、優れたインプラントだとは感じていたが、上部構造との接合部が『アストラテックインプラント』の方が優れていたの導入を見送っていたが遂にこのたび導入することになったので報告します。
スプラインインプラントシステムの特徴を解説します。
1 骨とインプラントの界面には骨折の治療初期段階と同様のカルシウムブリッジ を形成し、早期に骨を伝導します
2 結晶率97%を誇るHA(ハイドロキシアパタイト)がフィクスチャー全面にコーティングされたスプラインHAインプラントは、骨とインプラントの界面に骨形成のマトリックスとなるカルシウムブリッジを形成し、高い骨伝導能を発揮して強固に骨と結合するとともにインプラント周囲骨を保存します。 インプラントにコーティングされたHAの命は、その結晶構造にあります。MP-1は、結晶構造を有したHAでのコーティングを実現したzimmer社のコーティング技術です。
3チタンインプラントと比べた優位な点
チタン-骨界面の電顕像。両者はムコ多糖体タンパクを介してわずかなギャップが存在し、ミクロレベルでは完全に接触していない。※1HAインプラントはHAと骨の界面にはCaが沈着し、両者は生化学的に直接骨結合する。これが“Biointeg ration”である。HAコーティングインプラントの意義はまさしくこのBiointegrationによるものと考えられる。※2
※1、※2:Meffert RM.Maxilla vs mandible: why use HA?:Compend Contin Educ Dent 1993;suppl 15:S533–538.

2010年10月19日(火)