インプラント、治療器具の衛生管理について

当クリニックでは全ての治療器具を徹底した滅菌消毒を行い、使用しています。報道のようなインプラントの使いまわしは一切ありません。手術で使用されたすべてのインプラント体の製品ロッド番号のラベルは患者さんのカルテに添付しており、使い回しはおこりえないシステムになっています。
インプラントは骨の中に植立されて数カ月待つことで骨と結合をして歯としてつかうことができる治療法です。きちんと植立をすれば100本中1~2本程度しかトラブルをおこすことはありません。ロストしたインプラントを再滅菌しても完全にきれいにすることはできません。インプラント表面が汚染してインプラントと骨の結合を阻害します。また、インプラントのオペをする際にオペ着に着替えて滅菌グローブをつけて口の中を消毒して手術をおこなうのはインプラントの表面に少しでも汚れが付着しないようにするためです。汚染したインプラント使うということはそのような行為が全く無駄になるということです。
ちなみに、当クリニックではロストしたインプラントはインプラントの人工歯(上部構造)を作製する際にレプリカとして歯科技工士が歯型で使用しています。
毎回、当クリニックでは手術前の準備として全ての器具をオートクレーブ滅菌器にて完全に滅菌した状態で使用しています。また、オペの始まる前に診療台やチェアはすべて強酸性水できれいにしています。オペスタッフの手は滅菌された手術専用のグローブを使用しています。インプラントは骨の中に入るまでは指一本ふれないようなアンプルの中に保存しています。
オペ後は血液をすべて超音波洗浄機にかけ、器具を分解洗浄したのちにオートクレーブにかけています。インプラントの器具だけではなく全ての治療器具はこのような滅菌消毒操作がおこなわれています。
植立されたすべてのインプラント体の製品ロッド番号のラベルは患者さんのカルテに貼っているので使いまわしはないことは記録上もわかります。

2010年1月24日(日)
歯科衛生士募集(残り1名)

*医院業務拡大につき、歯科衛生士募集します。見学大歓迎!
 完全滅菌の衛生的な診療環境で高水準の歯科医療を取り組んでみませんか?
 スタッフのやりがいを大切にしています。
 詳細はお電話もしくはメールにてお問い合わせください。
 
 メールアドレス info@ymmt-dc.jp
 新卒予定の歯科衛生士学校、短大の学生さんは当院からの求人票をご覧下さい。
(待遇の考え方)
*歯科衛生士のやりがいを全面的にバックアップします。
*歯科衛生士の能力を最大限評価します。 
*看護師と同等以上の報酬を目指しています。
*歯科衛生士の社会的地位向上に貢献したいと考えています。
(当クリニックが求める歯科衛生士像)
*笑顔でやさしく患者さんに接することができる方
*患者さんのために勉学、研修が精一杯できる方
*チームプレーで連携して診療ができる方
*口腔ケアの専門家として生涯努力を積み重ねる覚悟のある方
*どんな歯科衛生士になりたいか目標を立てて取り組める方

2010年1月18日(月)
☆2010★

こんにちは(*^^)v衛生士の鈴木です

2010年初ブログです。かな~り放置してしまいスミマセン<m(_ _)m>

そして、かな~り遅いでいですが明けましておめでとうございます 笑)

今年もゆったり、マイペースな更新だと思いますがよろしくお願いします

2010年1月17日(日)