インプラントと入れ歯で

S1こんにちは!衛生士のS木です

今回は症例を載せたいと思います。こちらの患者さんは50代の女性でいつもほがらかな感じの方で長かった治療期間にも嫌な顔一つせず通ってくれました。初診時のお口の中の状態は上の左右奥歯と右下奥にブリッジが入っており、左上と右下のブリッジが外れてしまった状態でした。どちらか片側のブリッジが外れたのならまだ食事もなんとかできたとは思いますが、左右のブリッジが外れてしまっ                     S4 ていたのでかなり不便だったと思います。

まず、お口の中の現状を把握していただき、治療計画を立て、十分納得していただいてから治療を始めました。ブリッジがかかっていた右上と右下、それから左下の犬歯に合計4ほんのインプラントを入れ、左上のブリッジの所は入れ歯(金具がなく自然に見える入れ歯)を作りました。

歯はきちんと治した方が良いと思うので・・・とおっしゃっていましたが、ここまでになるには時間がかかりました。それでもほとんど休むことなく仕事の帰りに通っていただき今ではきちんと咬めるようになりました。これからはいつも以上に楽しく、大きなお口をあけて笑っていただけると思います!

2008年6月26日(木)
トレーニング

こんにちは    衛生士のY田です

今週月曜日に矯正治療についてのセミナーを受講してきました

皆さんは矯正治療というと、どんな事が思い浮かびますか?

銀色の針金みたいなものが歯につけてある    歯並びが悪い 

といった事でしょうか。治療は装置に頼る部分もありますが、長期にわたる安定のため

には、口の周りの筋肉や、舌の筋肉のバランスが重要になります。 そしてそのバラ

ンスをとれるようになるためには、日々のトレーニングが必要です

C22_16

C11_4

左の写真 上が現在、下が6か月前の状態です

この患者さんは矯正治療ではありませんが、

今まで毎日トレーニングを続けてきました。

上下の真ん中に線をひいた時に左の写真で

はまっすぐな線になりませんが、右の写真では

きれいに左右対称になっています。

1週間、腹筋運動をしただけではお腹のたるみがきれいにならないように、お口のトレーニン

グも短期間では効果はわかりません。 毎日コツコツと続けることが成功への近道なのです

\(^o^)/   

2008年6月20日(金)
◎いただきました◎

こんにちは(^o^)声だし隊長に任命された衛生士の鈴木です

今日はなんといさつ歯科医院 伊佐津和郎先生から手作りビスコッティをいただきました

左がブラックペッパーとパルメザンチーズのビスコッティ右がカスタードと黒砂糖のビスコッティだそうです

お昼休みに院長とスタッフみんなで紅茶と一緒にいただきましたカリカリの食感がヤミツキです数分で半分以上食べてしまいました

残りは院長の夜のお酒のおつまみに任命です

伊佐津先生おいしいビスコッティ本当にありがとうございました

Img_1531_14

2008年6月11日(水)